ご家族の未来に笑顔を取り戻す!拒食症・不登校克服応援グループカウンセリング💕

ご家族の未来に笑顔を取り戻す!拒食症・不登校克服応援グループカウンセリング💕

 

お子様の拒食症は良い方向に進んでいますか?

あなたが望むような未来に向かっていますか?

 

親として一生懸命に、お子様の拒食症と向き合っている。

自分なりにいろいろ調べたり、勉強もしてみた・・・

 

でも、何かが違う。

 

うまくいかない。

 

苦しんでいる子供を救いたくて、一生懸命言葉をかけてみたり、

かかわりを変えてみたり、頑張っている。

 

「見守りましょう」とどこかで言われて

見守っておいたほうが良いのか・・・と

不安になりながらも、声を掛けずにいたら

今度は子供が引きこもりになってしまった。

 

どうしてよいかわからず見守っていたら、

部屋で大きな音がする。

 

見に行くと暴れていた・・・

 

見守るってどうやるの・・・?

ほおっておく、とどう違うの?

 

見守ると引きこもるから一生懸命かかわっていると

奴隷みたいにこき使われる。

 

でも、叱るとまた食べなくなるんじゃないかって、

怖くて従うしかない。

 

「ママが食べた量しか食べない。」と言われ

必死で食べているけどもう限界・・・

 

大切な我が子の拒食症を治してあげたいのに、

いったい何をどうすればいいのかわからない。

 

この入退院・・・一体いつまで続くの?

不安でたまらない・・・。

もしも、このように思うことがありましたら、

 

拒食症克服応援グループカウンセリングで

個別の不安、具体的対応方法を答えし、

拒食症を克服するための道をお伝えしていきます。

 

 

コーチ・アヤコ(赤松史子)のグループカウンセリングでは

まず、あなたが抱えている問題を解決するところからスタートします。

 

✅延べ10000時間以上のカウンセリング実績、

✅80名以上のお子様の拒食症克服、

✅リピート率90%以上の

コーチ・アヤコだからこそ、あなたの気持ちにとことん寄り添い、

最短最速でお子様の拒食症克服を実現するための

具体的方法を心を込めてお伝えします。

 

私の、個人セッションを継続してこられた方、

各種講座を受講された方は、

 

✔たった1か月で、7年間の引きこもりと不登校を解消して

3か月後には、国立大学合格!

 

✔半年で拒食症と不登校を克服!

 

✔どこの病院へ行っても治らず、大学生になったものの、休学。

3年間、過食嘔吐で引きこもっていた方が、大学復帰、

過食嘔吐克服、第一志望の会社へ就職。そして、幸せな結婚、出産。

 

✔入院するたび悪化していた拒食症を克服し憧れの航空会社へ就職。

 

✔拒食症から自傷行為が止まらず、親子関係ズタボロ、

恋愛依存で妊娠中絶を繰り返していた状態から、克服!

 

など、

どこへ行っても解決できなかったヘビーな状態からでも

想像以上の結果を皆様が出されています。

 

 

その理由は、

拒食症のお子様との具体的なかかわり方の事例や、

対応方法をお伝えするだけではなく、

 

お母様が≪真≫に幸せな生き方を学び、

ご自分にインストールすることも同時にやっていくからです。

 

お子様の拒食症は、

私たち母親の生き辛さを子供たちが鏡となって映し出しているものです。

 

 

なので、

・あなた自身が、自分の気持ちに蓋をして

ガマン、忍耐、根性を優先して生きている。

・誰かと比べて自分にダメ出しをして生きている。

・義務や、役割を優先して、自分を後回しにして生きている。

・どうせムリ・・・とあきらめて生きている。

・子供を拒食症にしてしまった、と自分を責めながら生きている

 

など、お母様の心のクセを開放していきます。

とってもラク~になっていきますよ。

 

そして、

この、お母様の心の癖、思考の癖、そして、

言葉の癖を、徹底して変えていくと、

 

二度と拒食症には戻らない心を創ることができるのです。

 

 

これまで、

お子様の摂食障害を克服してこられた方からは

こんなお声をいただいています。

 

信頼できるカウンセリングでココロが軽くなった

Q1.カウンセリングを受ける前にどのような事でお悩みでしたか?お子様の状態は、どのような状態でしたか?

何件もの病院に電話しても断られ、
また行っても別の病院に回されて
そこで行った病院は5分程度の診察で信頼できる病院(先生)がなく、

出口が見えない病気で
どう向かい合ってよいのかわからずとても不安でした。

その時の娘の様子は、
身体はガリガリで学校に一人で行ける状態ではありませんでした。

私は入院を勧めましたが、
本人はどうしても学校へ行くと言ったので毎日送迎しました。
学校では精神的に落ち着いていましたが、

家では不安定で私の言葉や態度に敏感に反応して
大声を出したり、
泣いたり、
物をけったりととても不安定
でした。

Q2.何がきっかけで、コーチ・アヤコのカウンセリングをお知りになりましたか?

友達に相談していたところ、
友達がアヤコ先生のブログを見ていて、
娘の状態と良く似ているのでと、
教えてくれて、それからブログを見るようになりました。

Q3.コーチ・アヤコのカウンセリングを知ってすぐに申し込もうと思われましたか?

すぐに申し込もうと思ったわけではありませんが、
病院もマンネリ化していたので、
すがる思いで電話してみました。

Q4.何が決め手となってカウンセリングにお申し込みされましたか?

何件か病院に行って、
血液も何度も取り、学校を早退したりと

娘に負担を掛けるのが気になり、
私がカウンセリングを受けるなら
娘に負担を掛けなくて良いかと思い、電話しました。
電話でのアヤコ先生との話で、
同じ経験をされた先生だから、

私の気持ちもわかって下さるような気がして、
頼りになるような気がしました。

Q5.カウンセリングのご感想をお聞かせください。(どんな些細な事でも結構です。お書き頂ける範囲で結構です)

娘の様子が先生にはわかっているようで、
その時その時の対応の仕方を
具体的に教えていただいてわかりやすかったです。

カウンセリングを受け始めた当初、
私ははずっと自分を責めていました。
そんな私の気持ちを、
アヤコ先生は軽くして下さいました。
本当にありがとうございました。

誰にも頼る事ができなかった時と比べて
心強い味方のような気がしました。

Q6.カウンセリングを受ける前と後ではどのような変化がありましたか?

① ご本人様の変化

自尊心の強い子だったので
、勉強に集中できなくて成績が下がっていって、

自分自身がダメな人間で、
みじめだと言っていましたが、

カウンセリングを受け始めて3カ月くらいしてから、
考えを整理して、目的意識が出てきました

それでも不安定は状態は続いていましたが、
成績が少しづつ上がってきたり
先生に誉められたりすると自信につながったようです。

他では、
拒食症特有の決まりごと
(食べる前に写真を撮る
・必ず大根などシャキシャキしたものを食べる
・食べた物を書き出す)などがなくなりました。
食事の後いつも気持ちが悪いと言っていたけれど、
今はお腹いっぱいで気持ち良い、と言っています。
病院に行かなくなって、
自分はみんなと同じような気がする、と言っていました.
まだまだ不安はあるようですが、

大学生活も前向きに考えているようです。
(第一志望校に合格されました)

② お母様の変化
対応の仕方を具体的に教えていただいたので、
気持ちが楽になりました。

アヤコ先生に教えていただいた通り、
娘の言葉と行動を全て受け入れるようにしました。
それでもどういう言葉を娘が喜ぶのか考えました。
そういう事を考えるようになった事が一番の変化でしょうか。

Q7.カウンセリングを受けて良かった事があったとしたらどんなことですか?

娘の状態が以前より良くなっている事。

私の気持ちが楽になった事。

頼れる人(アヤコ先生です)がいる事。
心強く思っています。

北海道 M.O様

八方ふさがりから救ってくれた!

Q1.カウンセリングを受ける前にどのような事でお悩みでしたか?お子様の状態は、どのような状態でしたか?

中3女子の子供が学校(教室)に行くのが辛くなり、精神状態が不安定になっていました。
学校に行って保健室や別室にいても辛くて本人も私もどうしようもない状態でした。

Q2.何がきっかけで、コーチ・アヤコのカウンセリングをお知りになりましたか?

私が親友に相談しますとすぐ、コーチ・アヤコさんを紹介してくれました。

Q3.コーチ・アヤコのカウンセリングを知ってすぐに申し込もうと思われましたか?

親友が勧めててくれた方だったから“絶対だ!”と思い、すぐに電話しました。

Q4.何が決め手となってカウンセリングにお申し込みされましたか?

最初の電話での問い合わせの時に、
私達(私と娘)を助けてくれるのは、アヤコさんしかいないと直感で感じました。

と、同時に、アヤコさんとお話ししていて
私自身がとっても楽になり、勇気が出てきたからです。

Q5.カウンセリングのご感想をお聞かせください。(どんな些細な事でも結構です。お書き頂ける範囲で結構です)

まず、私の話をじっくり聴いてくれますので、すごく話しやすいんです。

そして、娘に対しての 言葉の掛け方のアドバイスも
“目からウロコ”。 私が思っている事と180度違ったのです。

なるほど・・・もしも自分だったら、
「こう言って欲しい」「こう接して欲しい」!!と納得することがたくさんあり、
アヤコさんはそれに気付かせてれました。

何より、私自身がカウンセリングする度に
元気になり、前向きになり、私自身の中で考え方がいろいろ変わってきました。

Q6.カウンセリングを受ける前と後ではどのような変化がありましたか?

① ご本人様の変化

娘は、私の言葉の変化に、どう思ったかはわかりませんが、すごくしっかりした子が、
甘えるようになり、辛い気持ち、嬉しい気持ちを以前よりたくさん話してくれるようになりました。

特に「あ~言われて辛かった。嫌だった。」とか!!
他人に言われて辛かったことも!
今まで我慢していたことがたくさんあったと、つくづく感じました。

② お母様の変化

娘に対しての言葉の掛け方が変わってきました。
人間付き合いって大変、と言いますが、身近な関係こそ、一番大事ですね。

特に思春期の子供(娘は特に人の言葉を気にします)は
親や、大人が何気なく言った言葉にすごく傷ついたり、その反対もあります。

だからまず言う時に、私自身もワンクッション置いて、
そして、娘の気持ちに寄り添うように話すようになりました。

とにかく、娘の言う事、考える事に共感しました。

今までの私は、
とにかく”前進だけ!! “ 苦しいことは美徳!!

我慢すればきっと良い事が!!
まるで武士道みたいに!!

それは、きっと娘のココロを縛っていたのだと気付きました。

同時に私自身も、
親から(同居しています)縛られていた事に気付きました。

娘は1回、アヤコさんにカウンセリングをしてもらいましたら、
私が思っていた娘の気持ちと違った気持ちを告白してくれてビックリしました!!

嬉しかったです!!!!

開院している心療内科の先生は薬を勧めましたが
娘には合わなくて嫌がっていた

八方ふさがりだった娘の状態を救ってくれました。

 

Q7.カウンセリングを受けて良かった事があったとしたらどんなことですか?

いま、娘は、新たな目標に向かっています。
高校も第一希望の学校に合格して、
学校も2月から休んでいましたが、家ではとっても元気です♪

何より、私が娘のすべてを受け入れる事ができるようになりましたから、
ときどき動揺する娘の気持ちや態度にも、力強く対応できるようになりました。

そして、アヤコさんのコーチング&カウンセリングは、
私にとって生活面、仕事面でも、とっても大きなプラスになりました。

仕事は接客なので、
お客様に共感できるようになり、信頼度がUPして、
友人や主人にも今までと違うプラスの接し方、感じ方ができるようになりました。

最後に、
私自身の気持ちが全て娘に伝わっていて、
私の思っていた事、訴えたかった事を
娘が(ココロの病を通して)代弁してくれて、
今回の出来事になったとわかり、
私も自由に生きていこうと決心できました。

自分にとっても、大きな大きな経験でした。

これからもアヤコさんにコーチング・カウンセリングをお願いしていくつもりです。

追伸 :人は自分で悩んでいると、悪い方、悲しい方に考える性質があるんですネ。

そのほうが楽だから・・・悲劇のヒロインになる方が楽だから・・・。

でもそれではいけない。未来が明るくならないと!!

その反対に、
ちょっとしたアドバイスやコーチングを受けることによって
人生が何百倍も好転するんだと思いました。

アヤコさんのおかげです!

私も
あのままだったら病気になっていたのではないかと思います。

これから未来に向かってルンルンになり、生きていきます。

ケセラセラで!! また、コーチング・カウンセリングお願いします。

静岡県  K.S様

本人ではなくなぜ私が・・・?

Q1.カウンセリングを受ける前にどのような事でお悩みでしたか?お子様の状態は、どのような状態でしたか?

いつになったら普通に明るい食卓を囲む事が出来るのだろう。

何度も入退院を繰り越し、高校も諦め、自分がこの先 どうなりたいのか、考える事もできなかった。食事をする事が苦痛で、決まったものを少しずつしか 摂取出来なかった。

Q2.何がきっかけで、コーチ・アヤコのカウンセリングをお知りになりましたか?

娘がblogを教えてくれました。

Q3.コーチ・アヤコのカウンセリングを知ってすぐに申し込もうと思われましたか?

すぐに…ではなかったです。
どこかで 何故本人ではなく、私が受ける事への疑問がありました。

Q4.何が決め手となってカウンセリングにお申し込みされましたか?

退院して家で過ごしてはいたものの、本人の気持ちとは逆にどんどん 悪化して行ったので。

Q5.カウンセリングのご感想をお聞かせください。(どんな些細な事でも結構です。お書き頂ける範囲で結構です)

本を読み自分なりの理解でどこかガチガチの母親の理想論ばかりだった事。

→カウンセリングを受ける事により
私の成長過程での思考や、娘に対して私の接し方、何を娘が訴え、望んでるのか?

親の愛情が心を溶かす。

自分に自信がつくとほっといても 自分でしっかり前に進む。

Q6.カウンセリングを受ける前と後ではどのような変化がありましたか?

① ご本人様の変化

最初にカウンセリングを私が受けたのが 去年五月でした。
その後も 二度の入院。
長い入院生活を送り、やっと先日、退院しました。
今回の入院で娘は変わりました。
身体を治す事が最優先だったので病院にお世話になりましたがそれだけではない…と…。

治療はなくカウンセリングもなくただただ、食事を取るのみ。

娘の思考が変わり始めるまでには時間はかかりました。
面会も禁止、テレビも…ほとんど軟禁状態

精神がおかしくならない方が不思議でした。

今はまだ体重は少なくても
食べる事への恐怖心は消えてお腹がすいてご飯を食べる喜びを噛み締めてます。

食べる→この事が全てではなく今まで諦めてた事にチャレンジしてます。

② お母様の変化

娘と一緒に生活してる喜びを噛み締めてます。

今までは 娘になんでここまで振り回されなきゃならない?
どこまで娘の希望を叶えたらいいの?

もういい加減にして。
普通に生活してほしい。と言う気持ちが先走りでした。

Q7.カウンセリングを受けて良かった事があったとしたらどんなことですか?

摂食障害→ 治るのは本人

治る種を蒔いてやるのは母親。

娘はやっと拒食症の地縛から離れつつあります。
拒食症は松葉杖だったと娘はいいます。

もう拒食症でなくてもいいやん!って思えた。

カウンセリングはそんな思考の導きを与えて頂けたと思います。

何げない生活が幸せだと感じています。

長い道のりでしたが、娘の底力を信じてます。
時には思いきり腹立てたり泣き笑いの日々もありました。

くじけそうになったときはアヤコ先生の言葉を繰り返しました。
本当に本当にありがとうございました。

広島県 S.Nさま

 

次はあなたの番ですよ!

 

🌸拒食症克服応援グループカウンセリングを受けると、

 

●拒食症のお子様とのかかわり方がわかる

●拒食症のお子様への具体的な言葉の掛け方がわかる

●拒食症のお子さまに欠けてはいけない言葉がわかる

●甘やかす、と甘えさせる、など、巷で言われているあいまいなかかわりかたのもやもやが、根拠とともに明確にわかる

●お母様の心がラクになる

●お母様の心の持ち方がわかる

●孤独な戦いから解放される

●拒食症克服から完治への正しい道がわかり、未来に希望が見える

●拒食症克服の地図がわかるので安心できる

●拒食症のお子様とご兄弟へのかかわり方がわかる

●拒食症を克服に導くことができる

●ご家族の食卓に笑顔が戻ってくる

●お母様もお子様方も≪真≫に幸せな生き方ができるようになる

 

 

こんな方にお勧めです💕

 

ラブラブお子様の拒食症を本気で克服させたい

ラブラブお子様のとのかかわり方を変えたい!

ラブラブもう後戻りしたくない!

 

ラブラブ80名以上の摂食障害を克服に導いてきた

赤松史子から直接アドバイスをもらいたい!

 

ラブラブ苦しんでいる子供を救いたい

ラブラブ摂食障害に克服に向けて前進したい

ラブラブお子様への言葉がけやかかわり方を学びたい

 

ラブラブ拒食症克服のための正しい地図をもって、行動をスタートさせたい

ラブラブ家族の食卓に笑顔を取り戻したい!

 

一緒に一歩踏み出しましょう♪

 

 

🌸拒食症克服応援グループカウンセリング詳細

 

【日程】

2021年5月7日、5月14日、6月15日

7月9日、7月15日、8月5日

 

【時間】

13:30~15:30

人数によって多少前後します。

 

【場所】

ZOOM会場

どこからでも、スマートホン、タブレット

パソコンなどで参加できます。

※お子様のご事情などで途中退出はOKです。

 

【料金】

通常価格 248000円(税込)

★早期割引 188,000円(税込)

4月27日お申し込み分まで

 

 

【募集人数】

6名様予定

 

【キャンセルポリシー】

本気の方にお越しいただきたいので

ご入金後のご返金は受け付けておりません。

 

 

※このような方はお役に立てません

・依存が強く自分を変えたくない方

・迷惑行為をされる方

・疑念の強い方

・精神科の薬を服用されている方

 

 

★このような方にピッタリです

・本気でお子様の摂食障害を克服したい方

・素直に行動しようと思っている方

 

 

お申し込みはこちら♪

https://ws.formzu.net/fgen/S10414303/

 

最後に・・・

 

私の娘は、2007年難病拒食症になりました。

どこの病院へ行っても、「この病気は一生治らない」と言われ、

私は絶望し、目の前が真っ暗になりました。

 

「病気は病院へ行けば治る」何も知らなかった当時の私は

単純にそう思い込んでいたのです。

 

ですが、そうはいきませんでした。

これだけ高度な医療技術が発達している日本でなぜ!?

耳を疑い、頭が真っ白になり、苦しみの沼に沈んでいくようでした。

 

2ヶ月で10キロ痩せてもなお

「私は太っている!私に価値がない!

私はダメな人間だ!!

 

そう叫び、お米粒を数える娘、、、

骨と皮になってもなお、

「私は太っている!もっと痩せなければ!!」と

落ちくぼんだうつろな目で言い続ける娘。

 

この世のものとは思えない恐怖を味わいました。

ですが、当時専業主婦だった私が

たった半年で娘の拒食症を克服に導き

 

医師から

「キセキ!何をしたの!?」と言われたのです。

 

その方法を、あなたに、

全力でお伝えします。

 

もう、一人で悩まなくても大丈夫です。

安心してお越しください。

あなたを全力で応援します!

 

あなたからのお申し込みを心よりお待ちしています。

 

あなたのご家族の未来に

≪真≫の笑顔があふれますように・・・

 

赤松史子(コーチ・アヤコ)

 

お申し込みはこちら♪

https://ws.formzu.net/fgen/S10414303/

 

 

pagetop